水素水はアルミボトルに入れよう

健康や美容・ダイエットにおすすめの水素水ですが、人気のためさまざまなメーカーから出ています。 選ぶときのポイントとしてアルミボトルのものを選ぶようにしましょう。できれば缶のタイプよりもアルミパウチの方がおすすめです。
水素水は水素が入っている水ですが、水素は空気中に逃げていきやすいという性質を持っています。ペットボトルなどに入れているとどんどん容器の隙間をくぐって逃げていっており、実はただのお水を飲んでいたということになりかねません。そんな中、アルミボトルだけが水素を通さずシャットアウトしてくれるものなのです。
水素水はアルミボトルに入れよう ただ、アルミ缶の場合にはどうしても容器ぎりぎりまで水素水を入れるというわけにはいかず、上の方に空気の層ができてしまいます。そのため購入したものを保管している間に空気層に逃げていって水に変わっていきやすいのです。 アルミパウチのような変形する容器の方が、空気層が出来にくくおすすめなのです。
無味無臭の水素だからこそ実は水を毎日飲んでいたということにならないよう注意しましょう。

市販の水素水を買う時のチェックポイント

今流行りの水素水は、市販でも気軽に購入できるものが増えています。 しかし、買う時に気を付けるポイントとして、水素水が入っている容器が重要なポイントとなります。
市販の水素水で売られているものの容器として、ペットボトルやアルミパウチ、缶タイプなどがあります。水素元素はとても小さいので、容器によってはすぐに水素が抜けてしまいます。なので、水素保持力の高い容器に入っているものがおすすめです。
一番水素の保持力が高いものはアルミボトルのタイプの容器といわれています。その次にアルミパウチタイプです。
アルミボトルは飲み口部分に蓋が付いているものがやはり飲みやすいのでおすすめですが、飲み口部分から多少水素が抜けてしまいます。これは仕方のないことなのですが、それでも一番水素が抜けにくいとされているのがアルミボトルなので、飲みやすさのポイントもあり非常におすすめです。
容量は一度に飲みきることができる200~300mlのものが良いでしょう。一度に飲みきれない場合は1~2時間以内に必ず飲むように心がけてください。時間が経つとどんどん水素が抜けていきます。その点でも、飲みきれる容量のものを買うのがおすすめです。

『水素水 市販』 最新ツイート

@LeewayOshino

水素は非常に気化しやすい物質です。通常の飲料水(市販ミナラルウォーター)ような密封法では製品の保存中にも気化した水素はボトルの栓口からどんどん抜けていってしまいます。(水素水が通常の清涼飲料水のような状態で販売されていること自体、全く考えられないことになります。)

2日前 - 2018年09月23日


@tisatosan

今夜の平沢さんツィートアワーは 道は一つではないし多彩だから盲信せずに決めつけずに物事の常識を ちょっとひっくり返してみてごらん。的な物に思えたよ。水素水?ほぼ市販のスーパーとかで売ってるのは水素なんて抜けちゃってただの水って言われてるよ。

3日前 - 2018年09月22日


@efxizat88

@takahi086 なので丸々全部眉唾って訳ではないと思います。ただ市販の水素水は……お察しって感じかなぁと……

3日前 - 2018年09月22日